火宅の子どもたちに
羊車、鹿車、牛車を与え、
だい戯やくごしや
最後に大白牛車を与えた。

 

羊車、鹿車、牛車は悟りに到る教えを三つの乗り物に喩えたもの。

声聞、縁覚、菩薩を「三乗」という。
大白牛車は「一乗の教え」だ。

火宅(火事の家)の子どもたちとは
苦しみの世界にいる衆生を指す。

 

%e5%bc%a5%e5%8b%92%e8%8f%a9%e8%96%a9%ef%bc%88%e7%89%b9%e5%a4%a7%ef%bc%89

海天葬式 流れTOPへ