臨済宗 葬儀の特徴

臨済宗では「亡者【もうじゃ】(死者)が仏弟子となり、修行の道に入り、自己の仏性【ぶつしょう】に目覚めることを願う儀式」とされる。

それに従い葬儀では死者を仏弟子とするための授戒と、仏性に目覚めさせるための引導が葬儀式の中心をなす。

臨済宗 葬儀マナー

お焼香作法

焼香は額にいただかずに1回が多いですが、3回焼香をする場合もあります。

また、2回(額にいただいて1回、ひとつまみして香炉にくべる)場合もあり、1回目を主香(しゅこう)、2回目を添え香(そえこう)と呼びます。

詳しくはこちらをご覧ください。

臨済宗 数珠

rinzaisyujyuzu

臨済宗 葬儀の流れ

(1) 剃髪(ていはつ) 剃髪用の剃刀は棺の上に置き「剃髪の偈」を三唱します。
(2) 懺悔文  
(3) 三帰戒文  
(4) 龕前念誦 大夜念誦ともいわれるもので、初めに「龕前念誦」を唱え、次に「十仏名」を唱和します。次に『大悲呪』を読誦し、回向文を唱えます。
(5) 鎖龕諷経(さがんふぎん) 鎖とは閉ざすことで、棺の蓋をするにあたっての諷経です。初めに『大悲呪』を読誦し、次に回向文を唱えます。
(6) 起龕(きがん)念誦 起龕とは龕(棺)を起こして葬場に向かうさいに読み上げるものです。「起龕念誦」を唱え『大悲呪』を読誦し、次に回向文を唱えます。念誦を終え、葬場に向かいます。
(7) 葬列  
(8) 山頭念誦 山頭とは葬場のことで、火葬あるいは土葬に際して念誦を唱えます。これにより故人が浄土に至ることを助けるのです。
(9) 引導(いんどう)法語 導師によって引導法語が唱えられます。
(10) 荼毘(だび)諷経  
(11) 収骨諷経 「舎利礼文(しゃりらいもん)」などを唱えます。
(12) 安骨諷経 遺骨を霊前に安置し唱えます。

 

臨済宗 基本情報

  • 開祖:栄西(1141~1215)
  • 本尊:釈迦牟尼仏
  • 本山:妙心寺(妙心寺派/京都)
  • 建仁寺(建仁寺派/京都)
  • 東福寺(東福寺派/京都)
  • 南禅寺(南禅寺派/京都)
  • 天龍寺(天龍寺派/京都)
  • 相国寺(相国寺派/京都)
  • 大徳寺(大徳寺派/京都)
  • 建長寺(建長寺派/神奈川)
  • 円覚寺(円覚寺派/神奈川)
  • 仏通寺(仏通寺派/広島)
  • 永源寺(永源寺派/滋賀)
  • 国泰寺(国泰寺派/富山)
  • 方広寺(方広寺派/静岡)
  • 向嶽寺(向嶽寺派/山梨)

img59878781

海天葬式 流れTOPへ