曹洞宗 戒名

曹洞宗の戒名は「院殿号・院号」「道号」「戒名」「位号」の順に構成されており、一般的には「道号・戒名・位号」の構成となっています。

それぞれ二文字で授けることが原則とされています。

曹洞宗 戒名の付け方

 
院号
道号
戒名
位号
 
院号・居士付
○○院
○○
○○
居士
9文字
院号・居士無し
(一般的)
 
○○
○○
信士
6文字

 

 

下の2文字は「 位号」 。

信心の深さや年齢で異なります。

男性は「居士(こじ)」「信士(しんじ)」。

女性は「大姉(だいし)」「信女(しんにょ)」。

15歳未満は「童子(どうじ)」「童女(どうにょ)」。

幼な子は「孩子(がいじ)」「孩女(がいにょ)」。

乳のみ子は「嬰子(えいじ)」「嬰女(えいにょ)」となります。  

そして、本来の戒名としての名前の部分は「 法号」の2文字になります。

最近は、俗名から1文字用いることも多いようです。  

次に「 道号」は、芸術家などが本名のほかに付ける号・字(あざな)にあたるものです。  

更に「 院号」は、その昔の篤信者が、自ら建立した寺院の名をそのまま用い、何々院としたのが起源と言われています。

 

<一般的な戒名>

一般的な戒名は以下のような構成になります。

院号 道号 戒名 位号
院号・居士付 ○○院 ○○ ○○ 居士(大姉) 9文字
院号・居士無し ○○ ○○ 信士(信女) 6文字

 

戒名料やお布施は、地域や寺院によって異なります。
「気持ちだけでいい」とだけ言い、具体的な金額を提示しない方もいますし、はっきりと、金額を指定してくる方もいます。
金額が分からない場合には、葬儀屋さんや世話役、親戚などに相談するといいでしょう。

海天葬式 流れTOPへ