曹洞宗 仏壇

お仏壇は、ただ単にご先祖さまをおまつりするだけの場所ではありません。

お仏壇の中は仏さまのおいでになる世界、須弥山(しゅみせん)をあらわしており、中心に本尊(ほんぞん)さまがまつられています。

そうです、お寺の本堂と同じです。

お仏壇は「家庭の中のお寺」なのです。

曹洞宗 公式サイトより引用

曹洞宗 仏壇の種類

特に決まりはありません。

金仏壇を選ばれる方はあまりいらっしゃいません。

唐木仏壇か現代では家具調仏壇を選ぶ方が多いようです。

曹洞宗 仏壇の飾り方

img36881657

曹洞宗 仏壇の祀り方

お仏壇のおまつりの仕方で最も大切なことは、お仏壇の中心はお釈迦さまであることを、はっきりと心にとめることです。

曹洞宗の本尊さまは、仏教の開祖である釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)です。

おまつりする場合、お仏壇の上段中央に、木彫りや鋳造のお釈迦さまのお像をまつります。

基本的にはお釈迦さまだけでよいのですが、お釈迦さまと道元禅師さま、瑩山禅師さまの「一仏両祖(いちぶつりょうそ)」のお絵像をお掛けする場合には、中央にお掛けします。

すでに、お釈迦さまのお像がおまつりしてある場合には、その後ろにお掛けします。

photo01

曹洞宗の仏事に関する事はこちらをご覧ください。

曹洞宗 近畿管区強化センター

基礎知識や心得について詳しく説明してくれています。

葬式 流れTOPへ

海天葬式 流れTOPへ